葬儀・お葬式なら光風渡部葬祭場。米子市・境港市・伯耆町・南部町に6つの葬祭ホールを展開しています。

  • 標準
  • 大
  • 特大

文字サイズ

日帰りバスツアー『鳥取池田藩のルーツをめぐるご縁旅』を開催しました

光風 渡部葬祭場の日帰りバスツアー第3弾となる『鳥取池田藩のルーツをめぐるご縁旅』を開催しました。
 
このバスツアーの募集対象は、光風クラブ会員さまと、お連れさま。毎回たくさんのお申し込みをいただいており、この度も319名のお申込みをいただきました。
そこで、当初予定していた6月8日(水)と14日(火)の2回のツアーのほかに、急きょ6月29日(水)にもツアーを開催し、合計139名の当選とさせていただきました。
残念ながら抽選から漏れてしまった皆さま、申し訳ありませんでした。
 

写真 姫路城 写真 旧閑谷学校 椿山

【バスツアーの行程】

7:00 長砂ホール 出発
 
9:30 旧閑谷学校(岡山県備前市) 到着

   〔旧閑谷学校での写真〕  ←クリックするとアルバムが開きます。

    現地ガイドの解説ののち自由視察していただきました。

10:55 旧閑谷学校 出発
 
11:50 灘菊酒造(兵庫県姫路市) 到着

   〔灘菊酒造での写真〕  ←クリックするとアルバムが開きます。

    酒蔵見学・解説ののち昼食をお召し上がりいただきました。売店ではお酒の試飲や購入もできました。

13:20 灘菊酒造 出発
 
13:30 姫路城(兵庫県姫路市) の駐車場に到着

   〔姫路城での写真〕  ←クリックするとアルバムが開きます。

    現地ガイドの解説付きで天守最上階まで上りました。

16:45 姫路城 出発
 
19:30前後 長砂ホール 到着・解散
 

【鳥取池田藩と旧閑谷学校・姫路城とのご縁について】

現在からさかのぼること約500年、母親が織田信長さまの乳母であった 池田恒興さまのご活躍は、ご存知のことと思います。そのお子でいらっしゃる池田輝政さまが、関ヶ原の戦いの後、姫路城に入られました。
それから、お子さま、孫の光政さまへと姫路城主が継承されましたが、光政さまは幼少のため姫路からお国替えとなり、鳥取城主となられました。鳥取の地で光政さまは、城下町の拡張などに取り組んで下さいました。
 
その頃、岡山城もまた、輝政さまと督姫さま(徳川家康の娘)のお子さまやお孫さまが継承しておりましたが、鳥取と岡山とでお国替えがあり、光政さまが岡山城へ入ることになりました。
幕府や武士から名君として高く評価されていた光政さまは岡山でも活躍され、全国初の藩校を作られました。後に藩校を統合し、岡山県備前市に閑谷学校を作られました。ここは庶民も学ぶことができる学校でした。
 
このようなこともあり『岡山』と『姫路』は、鳥取池田藩(因幡池田家)にとって親しみのある地です。
そこで歴史的にゆかりある各地を、現地ガイドの解説つきでご案内させていただくツアーを企画いたしました。
 
 
バスツアーにご参加いただいた皆さまへ
光風スタッフの至らぬ点が多々あったことと思いますが、皆さま笑顔でバスツアーにご参加いただき、本当にありがとうございました。
 
今後とも、光風 渡部葬祭場をよろしくお願いいたします。
 
バスツアーのしおり
 
※池田家の歴史については各種文献などから抜粋した個人的なまとめですので、正しくない記述がございましたらご容赦ください。(文責:池原)
 
 
特典いっぱい光風クラブのご案内はこちら。

コメントは受け付けていません。