葬儀・お葬式なら光風渡部葬祭場。米子市・境港市・伯耆町・南部町に6つの葬祭ホールを展開しています。

  • 標準
  • 大
  • 特大

文字サイズ

因藩二十二士・本圀寺事件五烈士供養法要 及び150周年記念碑除幕 がありました


江戸幕府末期の歴史を揺るがした本圀寺事件から150周年。

 

9月21日(土)に、泉龍寺(鳥取県日野郡日野町黒坂)にて、

因藩二十二士・本圀寺事件五烈士供養法要 及び150周年記念碑除幕がありました。

 

DSCF1591

 

因藩二十二士・本圀寺事件五烈士のご遺族はもちろん、池田家(鳥取池田藩)の16代当主である池田百合子さま、平井伸治鳥取県知事、景山享弘日野町長、その他たくさんの方々が泉龍寺に集い、当時にゆかりのある志野流茶道の点前のお茶などをお供えして、法要が執り行われました。

 

その後の150周年記念碑除幕イベントでは、

麒麟獅子の舞や

DSCF1626

 

心形刀流の演舞があり、

DSCF1706

 

まるで150年前にタイムスリップしたかのような高貴な時間を感じました。

 

最後に、記念碑の除幕がありました。

DSCF1717

手前の細長い石碑は、事件にかかわった一人ひとりをかたどっているそうです。

奥の大きな石碑には、河田佐久馬が所持していたとされている『ル・フォショー』という銃のレプリカも取り付けられています。

 

 

この後も、因藩二十二士・本圀寺事件にまつわるイベントが鳥取県内で様々予定されており、以前お伝えしたイベントの他にも、鳥取県立博物館では「鳥取藩二十二士と明治維新」という企画展が、11月23日から1ヶ月間催されるそうです。

8047

(↑クリックすると、チラシのページが開きます) 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。